色々なサプリ

肝斑の改善

シミ治療が評判なクリニックがこちらのサイトで紹介されています。ランキングサイトで1位のクリニックで跳梁してもらいましょう。

 肝斑とは顔面に出来るシミの一種です。30〜40代の女性に多く、頬や額等に左右対称に現われるという特徴があります。肝斑は淡い褐色で、小さなシミが複数現われます。また、妊娠中に現われる事も少なくなく、妊娠2〜3ヶ月頃から現われて次第に濃くなっていきます。出産をすると少しずつ消えていく事が多いのですが、人によっては出産後も症状が持続する事もあります。  肝斑が現われる原因は、女性ホルモンと関連があるとされています。妊娠中や経口避妊薬の服用時に現われる事が多いためです。  それ以外にも、紫外線が誘発している可能性も高いと考えられています。紫外線が当たりやすい部分に発生しやすく、肝斑のある部分に紫外線を浴びると症状が悪化するといった報告があるためです。

 肝斑はシミの一種なので、出来るだけ治療をしたいと願う女性が多いです。肝斑の治療方法としては薬物療法が一般的です。用いる薬には内服薬と外用薬があります。症状によってどちらか一方の薬を用いたり、もしくは両方の薬を用いたりして治療を行ないます。  前者の内服薬としては、ビタミンCやビタミンE等が代表的です。他にもトラネキサム酸等が用いられる場合もあります。これらの薬の服用を続ける事で、内側から根本的に治療を行ないます。  後者の外用薬としては、美白効果のある薬が用いられる事が多いです。代表的な種類としては、ハイドロキノンやアルブチン等があります。これらの外用薬を患部に塗り込む事で、皮膚表面側からの改善を行ないます。  肝斑のようなシミの治療には、肌のターンオーバーが深く関係しています。そのため、結果を焦らずに地道に治療を続ける事が大切です。

オススメリンク