広がるシミ

いろいろな薬

年齢を重ねるにつれ、なんとなく顔色がどよんとくすんでくる、日焼け止めを塗って紫外線対策を行っているにもかかわらずシミが広がっている・・その症状は肝斑といわれるシミかもしれません。 肝斑は30〜40歳代からあらわれ始め、左右対称にもやっと広がって出てくることが多いシミです。原因はよくわかっていないのですが、女性ホルモンやストレス、紫外線、物理的な刺激がなんらかの発症に関わっていると言われています。 肝斑の治療には、内服薬、外用薬、レーザー治療等があります。一般的な紫外線等によるシミにはレーザー治療が有効とされていますが、肝斑の場合レーザーの種類によって余計にシミを濃くしてしまうこともあるようです。そのため、適切な診断を受け、その人の症状にあった正しい治療法を行うことが必要となってきます。

肝斑は、ほかのタイプのシミと区別がつきにくかったり、ほかのタイプのシミと同時に発症していたり、となかなかやっかいなシミです。 肝斑はどんなに美白対策をしていても発生してしまい、時間がたつにつれ色も濃くなり治りにくいのが特徴。自己流で対策をすることでかえって悪化してしまうこともあるようです。ひとたび肝斑が広がってしまうと、顔の印象が一挙に老けてしまうのも事実。スキンケアを丁寧に行っていても鏡を見るたび悪化していくシミを見ると、女性なら誰でも落ち込んでしまいます。 きれいで若々しい30〜40代の女性が増えた今、特に美肌にこだわる女性たちのは自分のシミが肝斑なのか、もし肝斑ならどのような治療が必要か、専門家に相談する人も多いようです。自己判断せず、自分に合った治療法を一度相談してみるのもいいかもしれません。